舗装切断汚濁水中間処理工場 資源循環型社会の構築を目指して!株式会社コハラは挑戦します!

舗装切断汚濁水中間処理工場

舗装版切断工事から発生する汚濁水をリサイクル処理します!環境に優しい産業廃棄物のリサイクル処理を行う工場です。(ISO9001、ISO14001認証取得工場)

舗装切断時に発生する濁水の処理は「水道工事標準仕様書」(神奈川県企業庁)に規定されています。

1-1-61 舗装切断時に発生する濁水の処理

1.適用範囲
神奈川県企業庁企業局が発生する工事で舗装版の切断作業に適用する。

2.処理方法
舗装切断作業時に発生した濁水については、産業廃棄物の汚泥として処理すること。

3.条件
(1)受注者は、産業廃棄物の汚泥の処分業許可を得ている業者と委託契約を締結しなければならない。
(2)受注者は、自ら運搬を行う場合を除き、産業廃棄物の汚泥の収集運搬許可を得ている業者と委託契約を締結しなければならないものとする。

5.提出書類等
(1)受注者は、施工計画書に舗装版切断時に発生する濁水の収集・運搬・処分に関する計画書、受注者と処分業者とで締結した委託契約書の写し及び処分業者の許可書の写しを添付すること。
また、受注者が濁水の収集運搬業者の許可書の写しを添付すること。
(2)受注者は産業廃棄物管理票(紙マニフェスト)又は電子マニフェストにより、適正に処理されていることを確かめるとともに、監督員に提示しなければならない。

 

汚泥水中間処理の特徴

化学薬品を使用しないので、薬剤管理が不要 ランニングコストの削減が可能 脱水装置で切断水を汚泥と水に分離 最終処分量の大幅削減が可能 汚泥は含水率35~60%まで脱水可能

furo4

産業廃棄物(汚濁水)中間処理工程

中間処理(脱水処理)後の汚泥の処理

 

舗装版切断汚濁水中間処理

1.舗装版カッター切断工事で使用した切断汚濁水回収
カッティングで使用した汚濁水回収カッティングで使用した汚濁水回収
2.切断汚濁水を搬送
切断汚濁水を搬送切断汚濁水を搬送
3.汚濁水の水質(pH)検査
汚濁水の水質(pH)検査pHが2.5以上、12.5以下 の汚濁水を受け入れます
4.汚濁水中間処理工場 台貫で重量測定
汚濁水中間処理工場 台貫で重量測汚濁水中間処理工場 台貫で重量測定
5.汚濁水を汚濁ピットに投入
汚濁水を汚濁ピットに投入汚濁水を汚濁ピットに投入
6.マイクロフィルターを利用して水と汚泥を分離
処理水は 一次中間貯蔵庫へ貯蔵処理水は 一次中間貯蔵庫へ貯蔵
7.処理後汚泥は最終処分場で再資源化
処理後汚泥はがれき類として最終処分場で再資源化処理後汚泥は最終処分場で再資源化
8.処理水の水質(pH)検査(pH8.6以下)
処理水の水質(pH)検査(pH8.6以下)処理水の水質(pH)検査(pH8.6以下)
9.処理水の2次、3次中間貯蔵
処理水の2次、3次中間貯蔵処理水の2次、3次中間貯蔵
10.処理水はカッター切断用水 として再利用
処理水はカッター切断用水<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
として再利用<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
処理水はカッター切断用水 として再利用

設置型脱ろ過処理装置

中間処理装置はNETIS(国交省)登録 (CG-060008-V)がされています

道路カッター等による舗装版切断作業に伴う排水の脱水ろ過
リサイクル処理システム

「ミズコシタロウ MTDCシリーズ」は、道路カッター等による舗装版切断作業時の排水(切断水)を、化学薬品を使用せず、高分子マイクロフィルターを使用して物理的に脱水・ろ過処理をする脱水機を利用した脱水施設です。
ろ過水は切断用冷却水として再利用できます。

furo8

中間脱水処理施設(貯泥水タンク地上設置型)

中間処理施設 概要

産 業 廃 棄 物    中 間 処 理 施 設






処理業者名・代表者名 株式会社 コハラ
代表取締役 小原 崇史
本社所在地・電話番号 神奈川県茅ヶ崎市堤587番9
467-54-9797
施 設 の 設 置 場 所 神奈川県茅ヶ崎市堤字八王子原587番9の一部、
586番6の一部、 590番1の一部、 590番3の一部
施 設 責 任 者 氏 名 小原崇史
中 間 処 理 す る
産 業 廃 棄 物 名
汚濁(アスファルト及びコンクリート切断切削穿孔工事で発生したものに限る)
廃アルカリ(アスファルト及びコンクリート切断切削穿孔工事で発生したものに限る)
処  理  能  力 脱水施設  4.8㎥/日
中和施設  5.0㎥/日
処分等のための保管量上限 13.48㎥
許  可  番  号 第01423080431号
許  可  期  限 平成26年11月27日 ~ 平成31年11月26日
許  可  条  件 営業時間 午前9時から午後10時まで
(施設稼働時間は午前10時 ~ 午後6時まで)
日曜日・祝祭日休み

舗装切断汚泥単価及び注意事項

*基本単価  1㎏  10円 (1000㎏以下は基本料金¥10000円)
(例) 380㎏  ¥10000円(消費税別途)
(例) 860㎏  ¥10000円(消費税別途)
(例)1100㎏  ¥11000円(消費税別途)
(例)2100㎏  ¥21000円(消費税別途)
*委託契約書に記載数量を超えた場合は契約書を訂正して頂きます。
*持ち込み数量の伝票を発行致しますので委託契約書の数量を確認の上、汚泥を持ち込みお願い致します。
*油分(ドラム缶の中の油)が入っている汚泥は引き取り致しません(重油及び乳剤など)
*支払は現金でお願い致します。
*汚泥を現場や置場に回収を頼みたい業者の方はご相談下さい。

ペットボトル水製造機 地域に根差した建設企業として、災害時には一層頼りになる存在でありたい。地域社会と共に歩むコハラの挑戦をこれからも応援してください。

建通新聞に掲載しています


建通新聞建通新聞に、弊社事業内容を掲載しております。

PAGETOP
Copyright © 株式会社コハラ All Rights Reserved.